自称「日本一、人見知りする社長」です。資金なし、人脈なし、人望なし、自信なし、ゼロからの独立起業から9年経過。現在は年商10億円にまで成長しました。その過程では、詐欺、横領、裏切り、謀反、男女問題、人間不信、様々な問題が勃発。どんな本にも書かれていない、生々しい真実を赤裸々に書き綴りました。本当の学びは、真実から得られます。起業の裏側、経営の光と闇をのぞき見したい方は続きをどうぞ・・・・
カテゴリ

2012年07月31日

人見知りの私が社長になるまで第14話

「知性のない財産は負債と同じであり、
     知性のある借金は財産に等しい」

あなたには借金ありますか?
私も、20代中盤は借金との戦いでした。
今でも多額の住宅ローンとは戦っておりますが・・・。

最初に挙げた言葉は、私の好きな言葉です。
この言葉を理解すれば、借金のプレッシャーに
打ち勝つことが可能です。
知りたいですか?知りたくなくても解説します。

知性のない財産とは、本人の実力や器以上の財産が、何らかのラッキーで
「タナからボタモチ」で手に入ることです。
例えば、万馬券を当てるとか、宝くじで3億円あたるとか、
親からの莫大な遺産相続などです。
おそらく聞かれたことあると思いますが、宝くじで一億円以上当てた人の半数以上が、
数年後には破産しているようです。
大王製紙の御曹司社長も、会社の金をギャンブルで百億円以上注ぎこんで、
甚大な損害を出した事も記憶に新しいと思います。
元ボクシングのヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンも、
現役時代一試合数十億円のファイトマネーを貰いながらも、数年前に自己破産しました。

このような話は、挙げるときりがないほど世の中には転がっています。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは自分の器以上の財産は、負債に変わるからです。
つまり、自分の実力や器を超えた財産はコントロールできなくなるのです。
財産があれば、その財産を狙って様々な人間が近寄ってきます。
人を見る目を養っていなければ、うかつにも誘惑に乗ってしまい罠に落ちるのです。
結果、財産を失うだけでなく全てを失い多額の借金を抱え破産に至ります。

私は多額の財産を持ったこともないので、正確にはわかりませんが、
おそらく大筋ではそんなに外れてはいないと思います。
だとすると、知性のない財産が負債であるならば、その逆もしかりで、
知性のある借金は財産です。
あなたの抱えている借金は、場合によっては財産なのです。
ただし、知性のない借金は、あくまで借金ですからご注意ください。

知性の有る無しをどう判断するかですが、これも私の考えですが、
自己への投資の借金は知性のある借金で、パチンコやギャンブルなど快楽を求め重ねた
借金は知性のない借金だと思います。

つまり、セミナーに出るために借金とか、事業に投資するための借金とか、
本当に大事な人を救うために借金するとかは、当然内容にもよりますが
その借金以上の財産に変わる可能性が高いと思います。

ロックスターの矢沢栄吉も、20年前くらい、マネージャーに横領され、
30億円の借金を作りました。
「騙された自分が悪い」と腹をくくり、誰にも愚痴や文句を言わなかったそうです。
ある日、横領した元マネージャーと道端でばったり会ったときも、ブン殴りたくなる
気持ちを抑え、「俺の目の前には二度と姿を現すな」と言っただけです。

そして、そこから数多くの名曲を世に送り出し、わずか数年で借金を完済し、
見事に這い上がり、今なおトップに君臨しています。
30億円横領された経験の結果、人の持つ性、人の苦しみ悲しみを深いところで理解できるようになったからこそ、人の心を打つ歌を作れ、かつ歌うことがるのだと思います。
つまり30億円の負債は、じつは30億円の数倍以上の財産だったのです。

冒頭に挙げた言葉を知ったのは私が25歳の時でした。
あるアメリカ発の自己啓発プログラムの営業マンが営業トークで放った言葉です。

その自己啓発プログラムは、かなりの高額で120万円しました。
当然現金一括は無理で、ローン返済になります。
自己啓発プログラムを買うかどうか迷っていました。

迷う理由は、120万円と高額であることと、当時勤めていた会社を辞めるため、
辞表を出した直後で先行き不安だったからです。

貯金も40万円程度しかなく、次の就職先も決まっていませんでした。
そんな状況で、120万円の自己啓発プログラムでローンを組むなんて、
常識ではありえないと思います。営業マンに状況を伝え、今は無理だといいました。

そのタイミングで自己啓発の営業マンは、冒頭挙げた言葉、
「知性のない財産は負債。知性のある借金は財産」の話をしたのです。
結果、ローン用紙に記入とハンコを押し、120万の借金を背負いました。
今思うと若気の至りで、その営業マンの殺し文句に乗ってしまっただけですが・・・。

120万円は、当時の人生最大の買い物でした。
それまでにした一番大きな買い物は、50万円の中古車のトヨタ・スターレットGTです。
スターレットGT2.5台分の買い物です。
元を取らねばと思い、その自己啓発プログラムのカセットテープを
車ではカーステレオで聞き、それ以外はウォークマンで四六時中聞き続けました。
友達とのドライブでも、構わずその自己啓発プログラムを聞いたため
「山本は宗教に嵌まっている」ということで友人数人が去っていきました。

そして時が流れ2年後、120万の借金が、数倍以上の財産に変わりました。
その瞬間の出来事をお話したいと思います。

前回の続き、Nさんが会社の実印と通帳を人質に取った所で終わったと思います。
その人質に取られた会社の実印と通帳を奪還する際、120万円の借金経験というか
自己啓発プログラムで学んだことが役立ったのです。

果たして会社の実印と通帳の奪還は成功したのか?
言うまでもないと思いますが、もちろん成功しました。
なぜなら、もし失敗していたら、会社が潰れていたので、
この記事自体、書く機会はなかったですし、
こうして、あなたと出会う事は、おそらくなかったでしょう。

果たしてどういう手段で実印と通帳を奪還したのか・・・・
Nは、なぜ多額の退職金要求を取り下げたのか・・・・・
山本の120万の借金が財産に変わった瞬間とは・・・・

次回に続く
posted by やまもと あつひさ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 人見知りの私が社長になるまで 第11話〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。